シャトー・ムートン・ロートシルトのお得な情報サイトあります!!

お得情報サイトはこちら>>> シャトー・ムートン・ロートシルト 通販の価格、当たり年、最安値段ガイド集
ロマネコンティ【Vin】と世界名酒の通販ガイド!

【2012 シャトー・ムートン・ロートシルトについて】
フランスのボルドー・ワインの中でも、
特に伝統と格式を誇っている、
シャトー・ムートン・ロートシルトといえば、
「五大シャトー」の中の一つですが、
シャトー・ムートン・ロートシルトは、
1973年になって、2級格付けから、1級格付けへと昇格を果たし、
「五大シャトー」の仲間入りを果たしたという経緯が有ります。
「五大シャトー」の、それ以外の4つのシャトーは、いずれも、1855年のパリ万国博覧会の際に、最高級の格付けを得ていた、という伝統を誇っているため、
シャトー・ムートン・ロートシルトは、
それらに比べると、後発のワインである、という印象が強いのですが、
なかなかどうして、
シャトー・ムートン・ロートシルトも、先輩格のワインに伍して、今では、
ボルドー・ワインの名品として、堂々たる存在感を発揮しています。
そんなシャトー・ムートン・ロートシルトですが、
2012年のシャトー・ムートン・ロートシルトは、
産地のポイヤック産のブドウの出来映えは、
全体の評価としては、「並から優」という物であり、
必ずしも、2012年のシャトー・ムートン・ロートシルトは、必ずしも、「当たり年」とは言えないかもしれませんが、
ワインとしての出来は、まずまずといった所でしょうか。
とは言え、元々の評価の絶対値が高い、シャトー・ムートン・ロートシルトですから、
「まずまず」とは言っても、
そんじょそこらのワインに比べると、品質は、とても素晴らしい物である、という事は、間違いない所です。
つまり、シャトー・ムートン・ロートシルトは、元々の期待値が高いので、
ちょっとした出来映えの差で、厳しい評価もされてしまう事が有る、という事ですが、
何しろ、ワインとしてのポテンシャルが高いので、
多少の評価の差は有れど、安心して飲む事が出来る、という事が言えるでしょう。
ちなみに、2012年のシャトー・ムートン・ロートシルトの世界平均小売価格は、4万9千円ほどで、
ワインとしての飲み頃は、2017~2043年頃だそうです。
というわけで、2012年のシャトー・ムートン・ロートシルトについての評価は、
是非とも、実際に飲んでみてから、下してみたいものですね。