月別アーカイブ: 2017年1月

サントリーシングルモルト山崎25年が築いた歴史

サントリーシングルモルト山崎25年は、サントリーの創業100周年を記念して作られたウイスキーです。しかし会社ができた当時の名前は、鳥井商店。ご近所にある小さなお店みたいな名前ですよね。しかしそれが後に、このサントリーシングルモルト山崎25年という限定品を出すまでになるのですから、驚きです。
もともとこのシリーズは、「日本人の手で世界に通用するウイスキーを作りたい」という強い信念のもとに生まれたウイスキーの、延長線上にあります。昨日作り始めて今日できるというものではないですから、ずいぶん長い間、苦労 があったようですよ。しかもせっかく完成しても、当時はなかなか受け入れてもらえなかったのですって。おそらく多くの人は、慣れない味を「美味しい」と感じられなかったのでしょうね。
そのような経緯を超えて生まれたサントリーシングルモルト山崎25年は、今やとても価値あるものになっています。限定1200本、量産されていないからこそ価格は上がり、販売当時とは比較にならないほど高価なものとなったのでしょう。その1200本のうち、どれだけのものが残っているのか……発売は1998年秋ですから、だいぶ昔ですが、だからこそとても気になりますね。
ただ、サントリーシングルモルト山崎25年も、いつかはこの世からなくなっていくとは思います。飲み物ですから、それが当然なのです。ただそ の時には、別のシングルモルト山崎○年が生まれているのかな、という気もしますね。これが、歴史が続くということなのでしょう。