月別アーカイブ: 2015年12月

【日米サプリメント事情…健康保険の違い】

アメリカは、サプリメント大国です。
日本に比べても、サプリメントを摂取する人の割合は、圧倒的に多くなっています。
それに対して、日本では、まだそれほど、サプリメントが沢山普及しているとは、言い難い状況です。
では、日米両国の間で、何故そんなに、
大きな違いが出るのかといえば、
一言で言えば、健康保険料が、大きく違っているからであると、考えられます。
日本は、国民皆保険という事で、
医療保険が非常に手厚いので、
国民は、医療費の事をあまり気にせず、
安心して、病院にかかる事が出来ます。
これに対し、アメリカでは、
そのような制度は有りませんので、
医療費は、基本的には、全部、自己負担という事になります。
流石は、自己責任の国、というべきでしょうが、
そうなると、一旦、病院にかかると、
高額な医療費が、かかってしまうため、
国民は、おちおち病気にもなれない、
というのが、本音なのではないでしょうか。
そのために、アメリカでは予防医学が、物凄く発達し、
「病気にならないようにする」
という意識を、皆が持つようになって、
そこから、サプリメントが物凄く発達して行った、という事情が有りました。
サプリメントは、体質を改善し、
健康な体を作るという事を、主目的としていますが、
医療費に比べると、値段もお手頃なため、
アメリカでは、爆発的に流行ったと、考えられます。
病気にかかる事を防ぐ、という考え方が主流のアメリカと、
病気にかかったら、病気を治すという考え方が主流の日本、
この、両国の考え方の違いが、
サプリメントの流行り具合の差となって、
表れているのではないでしょうか。